スパンモデルと通貨の力関係で先週の相場検証~離脱期限の延期が決まりましたが

先週はFOMCと英のEU離脱期限延期がメインテーマとなり、
市場が大揺れの展開となりました。

FOMCでは年内の利上げ見通しが0回にまで引き下げられ、
想定以上のハト派的な内容に市場はドル売りで反応しました。

また、英のEU離脱期限については、当初の3月29日から
4月12日にまで延期されましたが、
肝心の離脱案に関しては英議会で可決される見込みは低く、
こちらはまだ流動的な展開となっています。

さらには、金曜日のPMIという指標が予想以上に落ち込んで
ユーロが急落しています。

PMIってそんな重要な指標でしたっけ?

先週のチャートの動きとしては、FOMCや離脱問題よりも、
このPMI後のユーロの急落が最もボラが大きかったですね。

ということで、
先週分のEURUSDの1時間足チャートを復習しておきます。

(チャート内に、青色四角枠赤色四角枠を記述していますが、
 青色四角枠はマイルールにおけるロング指向の領域、
 赤色四角枠はマイルールにおけるショート指向の領域を表しています)

(そして、サブウィンドウは、私が独自特典として無料提供している
 「MTF通貨の力関係インジケーター」によるラインです)
cpb19032401
週中まではよく見かけるいつも通りの低ボラでしたが、
FOMC直後にドル売りによる急騰が起きています。

さらに、金曜日には急落していますが、
これがPMIの指標発表後の動きです。

イベントや指標発表で上下に振り回される展開で、
トレード的には手を出したくない形状ですね。

私が初心者だった頃、
このような乱高下にはワクワクしたものですが、
今となってはマイルールに合わないので、
逆にやる気をなくします。。。

また、サブウィンドウの通貨の力関係を確認すると、
FOMC後にはUSD売り、JPY買い、
PMI後にはEUR売り、JPY買いとなっているのが分かります。

また、GBPに関しては全般売り優勢だったようですね。

さて、月曜からの相場ですが、
引き続き、英のEU離脱問題の進展具合、
それに関わる要人の発言等に注意です。

さらには、トランプ大統領の発言により
米とトルコの関係悪化も気になるところです。

現在、ドルもユーロもポンドも買いにくいファンダメンタルズの中、
消去法的に円が買われやすくなっているようです。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

あなたの応援がブログ更新の励みになっています!

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ
にほんブログ村

知っている人は知っている?

アーカイブ

カレンダー

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

このページの先頭へ