スパンモデルと通貨の力関係で先週の相場検証~米中貿易戦争拡大中?

先週も話題の中心は米中貿易戦争でしたか。

米が中国に対して制裁関税の第4弾を発表すると、
中国側も対抗関税措置を発表しています。

両者の溝がますます広がっている印象ですが、
そんな中、中国側は米との再交渉に意欲を失っているとの報道も。

何よりもメンツを大事にする中国ですので、
こうした報道も米への揺さぶりでしかないことは明らかですが、
市場の雰囲気は悪くなっているようです。

それでは、
先週分のEURUSDの1時間足チャートを復習しておきます。

(チャート内に、青色四角枠赤色四角枠を記述していますが、
 青色四角枠はマイルールにおけるロング指向の領域、
 赤色四角枠はマイルールにおけるショート指向の領域を表しています)

(そして、サブウィンドウは、私が独自特典として無料提供している
 「MTF通貨の力関係インジケーター」によるラインです)
cpb19051901
全般的に下降トレンドが優勢な週でした。

概ね、遅行スパンが陰転し、赤色ゾーンの下に
価格が位置している場面が多かったので、
ショート指向でトレードしていれば問題なかったでしょう。

しかし、ボラティリティが大きくないので、
利大を目指していたら上手くいかなかったでしょうね。

1時間足だけだと分かりづらいですが、
4時間足や日足も確認すれば、
現在のボラティリティの低さが分かります。

となると、無理な利大は逆効果だと理解できるのではないでしょうか。

また、サブウィンドウの通貨の力関係を確認すると、
週を通してGBP売りであることが分かりますね。

また、JPY買い、USD買いでもあったので、
GBPJPYのショート、GBPUSDのショートが
トレードしやすかったはずです。

実際、GBPJPYの1時間足チャートを確認してみると、、、
cpb19051902
週を通してボラティリティの大きな下降トレンドであり、
赤色ゾーンもレジスタンスラインとして機能しています。

通貨ペアの強弱を把握して、
このような分かりやすい通貨ペアでトレードしていきたいですね。

さて、月曜からの相場ですが、
欧州議会選挙が控えています。

これまでの米や英の選挙と比較すると、
あまり注目度、重要度は高くないようですが、
ある程度は為替市場にも影響は出そうです。

そして、週末にはトランプ大統領が来日しますが、
どうなんでしょうか、材料になるんでしょうか。

トランプ大統領が何を発言するかによりますが、
貿易赤字解消に関する話題を持ちあげてきたら
多少はリスク回避の動きになるかもしれません。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

あなたの応援がブログ更新の励みになっています!

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ
にほんブログ村

知っている人は知っている?

アーカイブ

カレンダー

2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

このページの先頭へ