スパンモデルと通貨の力関係で先週の相場検証~ドラギ総裁会見後にユーロ急騰も

先週の相場で最もボラティリティが高まったのは、
ECB理事会、ドラギ総裁会見の場面でした。

市場にはユーロの利下げ観測、希望?があったようで、
事前にユーロ売りの流れが進行したなかでのECB理事会でしたが、
結果的には政策金利は据え置きとなったことで、
それまでのユーロ売りの流れが否定され、
一気にユーロの買い戻し急騰が起こりました。

しかし、ドラギ総裁の会見自体はハト的であったことに変わりなく、
中長期的にはユーロの上値は重たそうです。

そして、英では次期首相にジョンソン氏が確定、
予想通りの結果でしたが、10月末のEU離脱期限に向けて
合意なき離脱のリスクが高まった格好となっています。

ということで、
先週分のEURJPYの1時間足チャートを復習しておきます。

(チャート内に、青色四角枠赤色四角枠を記述していますが、
 青色四角枠はマイルールにおけるロング指向の領域、
 赤色四角枠はマイルールにおけるショート指向の領域を表しています)

(そして、サブウィンドウは、私が独自特典として無料提供している
 「MTF通貨の力関係インジケーター」によるラインです)
cpb19072801
週初から週中にかけては
赤色ゾーンが上値抵抗線になっての下降トレンドでしたが、
ドラギ総裁会見を受けて急騰している様子が分かります。

急騰後は遅行スパンは陽転し、青色ゾーン上に位置しているので、
買い目線にならざるを得ないですが、波形が悪くて
ロングできる状況ではなかったですね。

基本、イベント起点で急騰急落した後のチャート形状は汚いので、
テクニカルが効きにくくなります。

また、サブウィンドウの通貨の力関係を確認すると、
やはり週中まではEUR売りが強く出ています。

そして、同時にUSD買いとなっているので、
EURUSDのショートのほうがトレードしやすかったでしょう。

さて、月曜からの相場ですが、
ようやくFOMCが開催されます。

現時点での印象としては、
おそらく0.25%の利下げでしょうか。

経済指標自体は好調なものが多く、
あくまでも米中貿易問題や世界経済減速懸念に対する
予防措置的な利下げであることから、
いきなりの0.5%は無いものと思われます。

勝手なシナリオとしては、
もしも、0.25%の利下げなら材料出尽くしで軽いドル買い、
もしも、0.5%の利下げならちょいサプライスでそれなりのドル売り、
でしょうか。

しかし、他国の緩和姿勢のほうが強いので、
相対的なドルの強さには変わりは無いと思っています。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

あなたの応援がブログ更新の励みになっています!

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ
にほんブログ村

知っている人は知っている?

アーカイブ

カレンダー

2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

このページの先頭へ