スパンモデルと通貨の力関係で先週の相場検証~米指標は強いがドル売り傾向?

先週行われた日米首脳会談は無事通過、
安倍首相とトランプ大統領によるゴルフ外交も無事通過、
また、一連の米経済指標も強いものが目立っています。

さらには、今週行われたイエレンFRB議長の議会証言でも
早期利上げを示唆していましたので、
ファンダメンタルズ的にはドル買い円売りに動いても良さそうなんですが、
実際にはUSDJPYは下落傾向になっており、週足でも陰線を付けています。

最近の傾向を見ていると、
経済指標に焦点があたると円売りドル買い
トランプ大統領の動向に焦点が当たると円買いドル売り
となっているようです。

という事で、先週1週間分のUSDJPYの1時間足チャートを復習してみます。

(チャート内に、青色四角枠赤色四角枠を記述していますが、
 青色四角枠はマイルールにおけるロング指向の領域、
 赤色四角枠はマイルールにおけるショート指向の領域を表しています)

(そして、サブウィンドウは、私が独自特典として無料提供している
 「MTF通貨の力関係インジケーター」によるラインです)
cpb17021901
全般的な流れでは、週前半が上昇トレンドで、
週後半が下降トレンドとなっています。

スパンモデル的には青色ゾーン上でロング、
赤色ゾーン下でショートしていれば、
方向性を間違える事はなかったでしょう。

トランプ大統領の就任が決まってからのUSDJPYはボラティリティが高く、
トレード対象にしやすい傾向にありますね。

ちなみに、私の普段のシナリオ記事では、
時間の関係上、EURJPYとEURUSDしか取り上げていませんが、
USDJPYでもトレードをしています。

次に、サブウィンドウで通貨の力関係を確認すると、
週をとおしての継続的な傾向は見られなかったですね。

週中にはイエレンFRB議長の議会証言を起点とした
USD買いが目立っていますが、
1日程度でUSD売りに転じています。

こういう時にはボラティリティの高いGBPに期待したいですが、
先週は±0.5σ内にいる期間が長く、
通貨の強弱の観点ではGBPは対象にしづらかったですね。

さて、今週ですが、月曜日は米がプレジデントデーなので、
本格的に動き出すのは火曜日からでしょうか。

特に大きな経済指標は控えていないようですが、
円関連の通貨ペアのロングポジション保有時に
トランプ大統領の保護主義的な発言だけはやめて欲しいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

あなたの応援がブログ更新の励みになっています!

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ
にほんブログ村

知っている人は知っている?

アーカイブ

カレンダー

2019年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

このページの先頭へ