スパンモデルと通貨の力関係で先週の相場検証~年初は株高、円売り優勢

先週は今年最初の週でしたが、
NYダウも日経平均も高値を更新し、
為替もそれにつられてなのか円売り優勢の展開となり、
全般的に堅調に推移しました。

週末には米雇用統計があり、
市場予想よりも弱い結果となりましたが、
それほど大きなドル売り反応は起きていませんね。

こうした動きを見てみると、
どうやら市場はリスク選好ムードに傾いているようです。

年末年始は特に大きなニュースもなく、
とりあえず今年の立ち上がりは無難に通過した感じでしょうか。

という事で、
先週1週間分のUSDJPYの1時間足チャートを復習してみます。

(チャート内に、青色四角枠赤色四角枠を記述していますが、
 青色四角枠はマイルールにおけるロング指向の領域、
 赤色四角枠はマイルールにおけるショート指向の領域を表しています)

(そして、サブウィンドウは、私が独自特典として無料提供している
 「MTF通貨の力関係インジケーター」によるラインです)
cpb18010701
年末年始の休日を挟んでいるので、
上記チャートには昨年分のローソク足も含まれていますが、
前半は下降トレンド、後半は上昇トレンドというように
分かりやすく転換しました。

前半は赤色ゾーンの下でショート指向、
後半は青色ゾーンの上でロング指向で臨んでいけば
特に問題はなかったはずです。

また、サブウィンドウの通貨の力関係を確認すると、
やはり、前半はUSD売り、後半はJPY売りとなっていますね。

そして、全般的にEUR買いも目立っていたので、
前半はEURUSDのロング、後半はEURJPYのロングがやり易かったでしょう。

さて、月曜からの相場ですが、
弱い米雇用統計にも関わらずそれほどドル売りが進行しなかったので、
やはり、基本はドル買い目線でしょうか。

そして、何気にEURJPYが日足レベルで高値を更新し続けており、
長期的なユーロ高が継続している事にも注目です。

よって、通貨の強弱の観点では、
ドルもユーロも弱くなったところを
逆張り的な買いで攻めてみるのも面白そうです。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

あなたの応援がブログ更新の励みになっています!

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ
にほんブログ村

知っている人は知っている?

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

このページの先頭へ