スパンモデルと通貨の力関係で先週の相場検証~クロス円は日足レベルの高値更新中

先週はFOMCが重要イベントでしたが、
年内の利上げはこれまでどおり、
あと1回との見通しが維持されて
結果的にはドル買いに反応しました。

ハリケーンの影響などもありましたが、
米の景気回復路線に変更はないようですね。

各国の中銀が利上げ方向、出口戦略に向かう中、
日銀だけが置いてけぼりになっているようで、
その金利差の思惑が円売りにつながっているんでしょうか、
クロス円は日足レベルで上昇トレンドとなっており、
高値を更新する通貨ペアも多いです。

某国が何も起こさなければ、
今後も円安傾向が続くんでしょうか。

という事で、
先週1週間分のUSDJPYの1時間足チャートを復習してみます。

(チャート内に、青色四角枠赤色四角枠を記述していますが、
 青色四角枠はマイルールにおけるロング指向の領域、
 赤色四角枠はマイルールにおけるショート指向の領域を表しています)

(そして、サブウィンドウは、私が独自特典として無料提供している
 「MTF通貨の力関係インジケーター」によるラインです)
cpb17092401
途中、弱含む場面もありましたが、
概ね上昇トレンドと言って良いでしょう。

週中の急騰はFOMCによるドル買い、
週末の急落は某国のミサイル発言による円買いですね。

しかし、実際のトレードとなると、
波形があまり綺麗ではなかったので、
タイミングをとるのが難しかったでしょう。

また、サブウィンドウの通貨の力関係を確認すると、
週をとおして、JPY売りとなっている事が分かりますが、
これがクロス円の上昇の原因ですね

逆に、週をとおして買われた通貨は存在しておらず、
日毎に入れ替わっている様子も伺われます。

さて、月曜からの相場ですが、
これまでの流れを踏襲するなら、
やはり、円売りメインとなりそうなので、
となると、クロス円を買い目線で見ていく事になりそうです。

しかし、直近2週間続けて円売りとなっているので、
来週あたりは円売りの流れも一服という事もあり得ます。

また、某国の挑発、発言、行動、等があると、
おそらく円買いに振れるでしょうが、
よほどのことでない限り、
その反応も一時的なものに収まるでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

あなたの応援がブログ更新の励みになっています!

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ
にほんブログ村

知っている人は知っている?

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

自作EAテスト中




このページの先頭へ