スパンモデルと通貨の力関係で先週の相場検証~利下げ幅の思惑で振れる

先週は米雇用統計後のドル買いの流れが継続するのかと思いきや、
週中の原稿公表、パウエルFRB議長の発言により、
再びドル売りの流れに戻っています。

市場の雰囲気としては、好調な米雇用統計を受けて、
利下げ幅は0.25%だという見解が優勢となっていましたが、
原稿公表後は0.5%の利下げ幅という見解が
再度盛り返してきた感じでしょうか。

0.25%の利下げか、0.5%の利下げか、
市場もまだ判断できていないようですが、
7月末のFOMCまでは、経済指標によってその都度振れるんでしょうね。

ということで、
先週分のUSDJPYの1時間足チャートを復習しておきます。

(チャート内に、青色四角枠赤色四角枠を記述していますが、
 青色四角枠はマイルールにおけるロング指向の領域、
 赤色四角枠はマイルールにおけるショート指向の領域を表しています)

(そして、サブウィンドウは、私が独自特典として無料提供している
 「MTF通貨の力関係インジケーター」によるラインです)
cpb19071401
週前半は米雇用統計の流れを受けてジリ高基調でしたが、
週中の原稿公表後に急落してるのが分かります。

値幅としては、120PIPSほどでしょうか、
ドル円にしては動いてくれた方です。

しかし、トレーディングとしては、
それほどやり易くはなかったですね。

週前半のジリ高場面では、そもそも値幅が出ていないですし、
原稿公表後の一番動いた場面は日本時間の深夜以降ですから、
私はチャートを見ていませんでした。

また、サブウィンドウの通貨の力関係を確認すると、
やはり、週前半はUSD買いで、週中からUSD売りに転換しています。

他の通貨も週を通しての明確な強弱は無かったので、
通貨ペア選択は難しかったですね。

さて、月曜からの相場ですが、
引き続きドルの動きに注目です。

7月末のFOMCまでは、経済指標や要人発言により
ドルは振らされるでしょう。

そして、NYダウの最高値更新が続く中、
米企業決算も控えています。

まぁ、個別企業の業績が直接為替に影響するケースは稀ですが、
一応、チェックだけはしておきたいですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

あなたの応援がブログ更新の励みになっています!

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ
にほんブログ村

知っている人は知っている?

アーカイブ

カレンダー

2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

このページの先頭へ