窓埋めトレードは勝率が高いですが。。。

週明け月曜日の早朝に、窓を開けて相場が開始することがよくありますね。

 

そして、そうした窓は基本的に埋める傾向が高い事が分かっています。
ですので、それを利用して、月曜の朝に窓を開けた場合に、
その窓を埋める方向へエントリーして、窓が埋めきった位置へ利確指値を
設定しておく手法が有名ですね。

 

この手法の勝率がどの程度なのか、よく分かりませんが、
今まで見てきた経験からは、おそらく9割以上の勝率になっていると思います。

 

ほんの数PIPSの窓でも、100PIPS以上の窓でも、
ほとんどは埋めてしまうことになるんですね。

 

しかし、ここで注意したいのは、この手法でも勝率は100%ではありません

 

ほとんど窓は埋めますが、あくまでも”ほどんど”です。
絶対”ではありません。

 

特に最近の、USDJPY及びクロス円に関しては、
毎週のように上方向へギャップアップして始まっていますが、
その窓は埋めているのでしょうか?

 

以下は、USDJPYとGBPJPYの日足チャートです。

見ての通り、窓を埋める事無く、
そのまま上げ続けていることが分かります。

 

何も考えず安易に、
窓を開けたからエントリー、そして、窓埋め位置に利確指値設定で放置
というやり方では、そのままトレンドに飲み込まれて、
大幅含み損状態となってしまいますね。

 

やはり、どんな手法でもストップの設定は欠かせないという事でしょうか。
しかし、窓埋め手法の場合のストップの位置は
どのように決定すれば良いのでしょうか。

 

確かに窓はほとんど埋めますが、いつ埋めるのかは誰にも分かりません。
月曜日のうちに埋めることもあれば、
何日後になってからようやく埋める場合もあります。

 

あまり粘りすぎると、含み損が拡大してきますし、
あっさり諦めると、高勝率の旨味を引き出せません。

 

耐えられる含み損と窓埋めにかかる日数の両方を鑑み、
バランスの良いストップ幅を決めないといけませんね。

 

ちなみに私は、窓埋め手法はやったことはありません。
月曜の朝だけ早起きする、という生活習慣が出来ません(笑)

 

生活習慣の乱れは、デイトレにも悪影響を及ぼす、と思っていますので、
通常のロンドン時間以降のトレードを通常の体調で行う為にも、
無理な早起きはしないようにしています。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

あなたの応援がブログ更新の励みになっています!

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ
にほんブログ村

知っている人は知っている?

カレンダー

2018年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

このページの先頭へ