スパンモデルと通貨の力関係で先週の相場検証~ドル買いの過熱感も

先週は指標発表を含め特に大きな材料はなかったですが、
引き続きドル買いが進行する相場状況となりました。

また、最近は経済関連よりも政治関連に目が向けられていますが、
先週は南北首相会談が開催され、
「完全な非核化」が表明されました。

これに関しては正直嬉しいですし、歓迎ですが、
また、いつ裏切られるか分からないですからね。

今後は、米朝首脳会談も予定されているようですし、
口約束だけではなく、完全な非核化に向けた
具体的な行動姿勢を示してほしいものです。

という事で、
先週1週間分のUSDJPYの1時間足チャートを復習してみます。

(チャート内に、青色四角枠赤色四角枠を記述していますが、
 青色四角枠はマイルールにおけるロング指向の領域、
 赤色四角枠はマイルールにおけるショート指向の領域を表しています)

(そして、サブウィンドウは、私が独自特典として無料提供している
 「MTF通貨の力関係インジケーター」によるラインです)
cpb18042901
全般、分かりやすい相場展開でしたね。

遅行スパンが陽転し、青色ゾーンの上に価格がある時に
ロングを仕掛けていれば期待値>1のトレードができるはずです。

このような分かりやすい通貨ペアだけを相手にすれば
安定的な成績が残せると思いませんか?

また、サブウィンドウの通貨の力関係を確認すると、
やはり、USD買い主導の相場であったと理解できます。

また、途中JPY売りも起きていたので、
通貨ペア選択としてはUSDJPYが正解でしたね。

週末に向けて指標関連をきっかけにGBPEURが荒れましたが、
こういう時は手を出さない方が無難です。

さて、月曜からの相場ですが、
FOMCと米雇用統計が控えているので、
引き続きドル主体で相場が動きそうです。

単にテクニカルだけでいうと、
USDJPYは日足や4時間足の形状なども考慮すると、
引き続き買い目線で見ていきたいですが、
逆に言うと、
ドル買いの過熱感も出てきていますので、
FOMCや米雇用統計の内容が市場の予想以下だと判断された場合、
ドルが大きく売られる可能性もありそうです。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

あなたの応援がブログ更新の励みになっています!

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ
にほんブログ村

知っている人は知っている?

アーカイブ

カレンダー

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

このページの先頭へ