スパンモデルと通貨の力関係で先週の相場検証~テクニカル的なドルの買い戻し

最近では原因不明のドル売りが続いていますが、
先週はようやくドルの買い戻しが優勢な展開となりましたね。

しかし、これも何かしらの材料があっての買い戻しという訳でもなく、
単に、テクニカル的な意味での行き過ぎの反動のようです。

また、材料としては、FOMC議事録やECB議事録などがありましたが、
相場を大きく動かすものとはならず、無難に通過しています。

という事で、
先週1週間分のUSDJPYの1時間足チャートを復習してみます。

(チャート内に、青色四角枠赤色四角枠を記述していますが、
 青色四角枠はマイルールにおけるロング指向の領域、
 赤色四角枠はマイルールにおけるショート指向の領域を表しています)

(そして、サブウィンドウは、私が独自特典として無料提供している
 「MTF通貨の力関係インジケーター」によるラインです)
cpb18022501
週前半は遅行スパンが陽転し、青色ゾーン上で推移して買い目線、
週後半は遅行スパンが陰転し、赤色ゾーン下で推移して売り目線、
というように、わりと分かりやすくトレンド転換してくれました。

こういう時は、トレンド転換場面の見極め、
つまり、買い目線から様子見となり、
そして、売り目線へ変更するタイミングが重要ですが、
スパンモデルだとそのタイミングが分かりやすいですね。

また、サブウィンドウの通貨の力関係を確認すると、
やはり、週前半にはUSD買いが目立っていましたが、
週後半に行くにつれて徐々に方向感が無くなっています。

それ以外だと、週をとおしてEUR売りだった事も分かります。

GBPは指標発表絡みで強くなったり弱くなったりしており、
こういう時は手を出しにくいですね。

さて、月曜からの相場ですが、
引き続き、ドルの行方に注目です。

USDJPYは日足レベルでの下降トレンドの最中であり、
また、重要ポイントも下割れしている状況なので、
このまま売り圧力が継続する可能性もあります。

しかし、パウエル新議長の議会証言が控えているので、
その内容によってはドルの転換も有り得そうです。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

あなたの応援がブログ更新の励みになっています!

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ
にほんブログ村

知っている人は知っている?

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

このページの先頭へ