スパンモデルと通貨の力関係で先週の相場検証~利下げは既定路線に

先週はFOMCに注目が集まりましたが、
市場の予想通り、利下げへの地ならし的な内容になりました。

これで7月に利下げが決定されても、
為替の反応は緩やかなものになるでしょう。

パウエルFRB議長がうまく市場と対話をしている格好でしょうか。

しかし、これでドル売り圧力が強くなっており、
ドル円は下落基調になっています。

仮に、このまま利下げサイクルに入ったとしても
素直にドル円が下げ続けるわけではないですが、
長期的に上値が重たくなることに変わりは無さそうです。

ということで、
先週分のEURUSDの1時間足チャートを復習しておきます。

(チャート内に、青色四角枠赤色四角枠を記述していますが、
 青色四角枠はマイルールにおけるロング指向の領域、
 赤色四角枠はマイルールにおけるショート指向の領域を表しています)

(そして、サブウィンドウは、私が独自特典として無料提供している
 「MTF通貨の力関係インジケーター」によるラインです)
cpb19062301
週初は動意なくレンジ的な動きとなっていましたが、
FOMCを起点としてドル売り下降トレンドになりました。

トレーディングとしても週後半の下降トレンドが明確になってから
狙っていきたいですね。

また、サブウィンドウの通貨の力関係を確認すると、
やはり、FOMCを起点としてUSD売りが起きていることが分かります。

前に書きましたが、通貨ペア選択の基本として、
+0.5以上の通貨と-0.5以下の通貨の組合せを選ぶと
方向性がはっきりしていてトレンドに乗りやすくなります。

さて、月曜からの相場ですが、
大阪で開催されるG20に注目が集まります。

おそらくその場で米中首脳会談が行われるので、
その後の会見等で、何かしらの進展があれば、
もしくは、不透明感が増せば、ドルや円に反応するでしょう。

テクニカル的には、ドル円は年初のフラッシュクラッシュを除いて
今年の最安値圏に位置してます。

107円丁度での攻防もあり、ここを割れてくると、
更に下値模索が続くかもしれません。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

あなたの応援がブログ更新の励みになっています!

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ
にほんブログ村

知っている人は知っている?

アーカイブ

カレンダー

2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

このページの先頭へ