スパンモデルと通貨の力関係で先週の相場検証~G20の思惑で

先週は大阪G20サミットを控えていたために
動きにくい様子見相場だったでしょうか。

各国の大統領や首相が事前に何かしら発言するようなら
それにつられて相場が動意づくことも期待したんですが、
実際のところはそれほどでもなかったですね。

で、G20が開幕して最も注目していた米中首脳会談は、
思いのほか温和、というか、前向きだったようで、
ファーウェイに対する禁輸解除だったり、
通商協議も再開されるようで
これらが週明けの材料になりそうです。

ということで、
先週分のUSDJPYの1時間足チャートを復習しておきます。

(チャート内に、青色四角枠赤色四角枠を記述していますが、
 青色四角枠はマイルールにおけるロング指向の領域、
 赤色四角枠はマイルールにおけるショート指向の領域を表しています)

(そして、サブウィンドウは、私が独自特典として無料提供している
 「MTF通貨の力関係インジケーター」によるラインです)
cpb19063001
週初は米利下げへの反応の残像が残っていて、
ドル売り主体で下落し、一時は107円割れとなるも、
その後は下げ過ぎの調整なのか、G20の思惑なのか、
上昇トレンドに転換しました。

週中の上昇トレンドに乗れれば良かったですが、
日足ではまだまだ明確な下降トレンドだったので、
ちょっと乗りづらかったかもしれませんね。

そして、サブウィンドウの通貨の力関係を確認すると、
週を通して継続的な強弱は起こらなかったようです。

概ね、USD買い傾向、EUR買い傾向にも見えますが、
それほど明確な強さではないですね。

GBPも上下に振れており、
先週はGBPJPYもGBPUSDもトレンドにならず、
トレード対象にはなりにくかったです。

さて、月曜からの相場ですが、
G20、米中首脳会談を相場がどのように捉えるか、
です。

報道的には予想以上に前向きだったようにも見えるので、
リスク先行的なUSD買い、JPY売りで寄付くんでしょうか。

しかし、G20が閉幕したら、
トランプ大統領をはじめ、各国要人が再び
けん制発言などをして揺さぶってくるんでしょう。

実際問題、G20って顔合わせ的な意味合いが強く、
詳細まで詰めることはできないですからね。

米中の問題も、本当に通商協議が再開されるのか、
ファーウェイも輸入再開されるのか、
まだまだ分かりません。

そして、週末には米雇用統計が控えていますが、
これで悪い数字が出たら利下げ確定となるでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

あなたの応援がブログ更新の励みになっています!

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ
にほんブログ村

知っている人は知っている?

アーカイブ

カレンダー

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

このページの先頭へ