スパンモデルと通貨の力関係で先週の相場検証~ひとまず警戒感和らぐ

最近の相場は、米中貿易戦争と英の合意なき離脱で
リスク回避主導の動きが優勢でしたが、
先週に限っては、好材料続出でようやく買い戻しとなりました。

米中の通商協議が再開、英の離脱延期法案可決、総選挙動議否定、
さらには、香港の逃亡犯条例改正案の撤回などもありましたね。

しかし、これらの問題は解決したわけではないですから、
今後も何かにつけて市場を騒がしてくるんでしょう。

また、週末の米雇用統計では市場予想を下回りましたが、
それほどドル売りは強まらず。

米経済は相変わらず好調にも関わらず、
利下げサイクルに入ろうとしている違和感に、
市場も戸惑っているんでしょうか。

ということで、
先週分のEURUSDの1時間足チャートで振り返っておきます。

(チャート内に、青色四角枠赤色四角枠を記述していますが、
 青色四角枠はマイルールにおけるロング指向の領域、
 赤色四角枠はマイルールにおけるショート指向の領域を表しています)

(そして、サブウィンドウは、私が独自特典として無料提供している
 「MTF通貨の力関係インジケーター」によるラインです)
cpb19090801
週前半は下降トレンド、週後半は上昇トレンドと
綺麗に分かれましたね。

週前半は赤色ゾーンを背にしてのショート指向、
週後半は青色ゾーンを背にしてのロング指向で臨めば
方向性は間違えなかったはずです。

また、サブウィンドウの通貨の力関係を確認すると、
週前半はUSD買い、JPY買い、EUR売り、GBP売りだったものが、
こちらも週途中で綺麗に転換しているのが分かります。

特にGBPの動きが明解だったので、
週前半はGBPJPYのショート、週後半はGBPJPYのロングが
トレードしやすかったでしょう。

さて、月曜からの相場ですが、
ひとまず買い戻し、リバウンドが優勢になっていますが、
その流れがいつまで続くか、です。

利下げは行われそうですし、
米の景気後退懸念も相変わらずなので、
どこかで再びトレンド転換し、
本道のリスク回避方向へ回帰しそうです。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

あなたの応援がブログ更新の励みになっています!

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ
にほんブログ村

知っている人は知っている?

アーカイブ

カレンダー

2019年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

このページの先頭へ