スパンモデルと通貨の力関係で先週の相場検証~ドル買い相場も終了か

いつもの事ですが、先週もトランプ大統領が主役になりました。

しかし、市場もトランプ大統領の発言には慣れてきたのか、
最近では過剰な反応もしなくなり、
冷静に対応しつつあるようですね。

先週もトランプ大統領がイラン核合意からの離脱を表明したことで
地政学リスクが懸念されましたが、
市場は思ったほど円買いに振れていません。

また、朝鮮半島の平和への動きが継続しており、
米朝首脳会談への期待感もあるのか、
どちらかというとリスク選好的な相場となっています。

という事で、
先週1週間分のUSDJPYの1時間足チャートを復習してみます。

(チャート内に、青色四角枠赤色四角枠を記述していますが、
 青色四角枠はマイルールにおけるロング指向の領域、
 赤色四角枠はマイルールにおけるショート指向の領域を表しています)

(そして、サブウィンドウは、私が独自特典として無料提供している
 「MTF通貨の力関係インジケーター」によるラインです)
cpb18051301
先週のUSDJPYはレンジ傾向が強く、
ボラティリティも小さかったので、
正直、やり難い通貨ペアでした。

週半ばに僅かに上昇トレンドになっていますが、
トレードできる場所はここだけでしたね。

レンジ傾向が強い中、
条件的に買い目線や売り目線になる箇所もありましたが、
利大を目指してしまうと上手く行かなかったでしょう。

サブウィンドウの通貨の力関係を確認してみても、
週をとおしてハッキリとした傾向は見られませんでしたね。

週前半はEUR売りでしたので、EURUSDのショート、
もしくはEURJPYのショートが狙い目でしたが、
週後半には徐々にEUR買いに変わっています。

また、最近の傾向であるUSD買いも週前半には見られましたが、
週後半にはUSD売りに変わっています。

さて、月曜からの相場ですが、特に大きなイベントは無く、
やはりトランプ大統領などの要人発言で相場が動くんでしょうか。

そして引き続き、USDJPYの日足チャートにおける
200日移動平均線付近での攻防に注目です。
usdjpy1d18051302
見てのとおり、直近では2度ほど、
200日移動平均線に頭を抑えられていますので、
明らかにスイングトレーダーに意識されているでしょう。

110円丁度のキリ番でもありますので、
ここを越えるようなら中期的な上昇も期待できるかもしれません。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

あなたの応援がブログ更新の励みになっています!

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ
にほんブログ村

知っている人は知っている?

アーカイブ

カレンダー

2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

このページの先頭へ