スパンモデルと通貨の力関係で先週の相場検証~アップルショックは過去のもの

先週はどの主要通貨ペアも方向感が無く、
ボラティリティが低い状態でしたね。

年初のアップルショックに関しては続報が無いので、
市場は早くも材料から外していますが、
チャートには暴落という形でハッキリと傷跡を残しています。

教科書的に考えれば、年初の暴落に対して、
2番底を付けに行くパターンが考えられますが、
アップルショックはすでに過去のものになっているので、
新たな悪材料が出ないと2番底試しに向かうとも思えませんが。。。

今週には英のEU離脱協定採決が行われる予定となっており、
ここでは否決される可能性が高いと言われているので、
2番底へ向かう動きとなるのは、
合意なきブレグジット問題が現実化した時でしょうか。

では今回は
先週1週間分のUSDJPYの1時間足チャートを復習してみます。

(チャート内に、青色四角枠赤色四角枠を記述していますが、
 青色四角枠はマイルールにおけるロング指向の領域、
 赤色四角枠はマイルールにおけるショート指向の領域を表しています)

(そして、サブウィンドウは、私が独自特典として無料提供している
 「MTF通貨の力関係インジケーター」によるラインです)
cpb19011301
週前半は青色ゾーンが出現しており買い優勢、そして、
週後半は赤色ゾーンが出現しており売り優勢となっています。

しかし、週中のトレンド転換時は日本時間の深夜であり、
それ以外の時間帯では、横ばいの期間が長かったので、
トレーディングとしては難しかったですね。

また、サブウィンドウの通貨の力関係を確認すると、
全般的に僅かにEUR買い傾向でしょうか。

そして、週前半はJPY売りとなっていたのでEURJPYのロング、
週後半はUSD売りとなっていたのでEURUSDのロングが
トレード候補となります。

しかし、肝心の値幅が出てなかったので、
どの通貨ペアもやり難かったでしょう。

さて、お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、
毎日のシナリオ記事に掲載している15分足のチャートに
新たに下向き赤色矢印上向き青色矢印を表示することにしました。

これは逆張り系のタイミングでエントリーする際の
サインとして利用しています。

私はこれまで順張り系のタイミングでエントリーしていましたが、
新たに逆張り系のタイミングでのエントリーも
加えてみようという試みです。

過去検証では期待値>1でしたのでリアルタイムでも検証してみて、
有効だと判断できたら実践でも取り入れてみようと思っています。

ダメだったら、、、チャートから消します。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

あなたの応援がブログ更新の励みになっています!

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ
にほんブログ村

知っている人は知っている?

アーカイブ

カレンダー

2019年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

このページの先頭へ